ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
リセールサービス
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第33節 金沢戦
明治安田J2
第33節
毎日興業(手話応援デー)
2021 10/9(土) 14:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
ツエーゲン金沢
金沢
42'馬渡 和彰
85'中野 誠也
4'大谷 駿斗
12'大谷 駿斗
DAZN/テレ玉
TV放送DAZN/テレ玉

フォトギャラリー(10/5~7)

霜田正浩監督コメント

「勝点3をとるためには点を取らなくてはいけませんし、どうやって点をとるかということをトレーニングしてきた中で、栃木戦では練習に時間を割いていたセットプレーからゴールがとれたので、練習の成果が出てよかったです。(菊地)俊介にやっとゴールが生まれましたが、選手はみんな俊介が周りの選手のためにプレーしてくれていることを分かっていたので、誰もが待ち望んでいましたし本当にいいタイミングで決めてくれました。栃木戦では相手が苦手な戦い方をして、我々が栃木のやりたいことをして勝てた試合でしたし、チームの守備の形を愚直にやれているので、簡単に失点をしないチームになっていると思います。金沢は特徴のあるチームですので、その隙を突けるかどうかが大事になります。試合に勝つためのバリエーションが増えてきましたし、チームの一体感がより出てきたので、金沢戦でも強かに戦い、勝点3をとりたいです」

選手コメント

GK35 南 雄太 (#35雄太)
「コンディションを整えるために練習後のアイシングと交代浴は続けていて、年々、練習後にクラブハウスにいる時間は延びていると思います。この年齢になると、ケガをすることはサッカー選手が終わってしまうことと同じだと思いますし、より万全な状態でグラウンドに立つために入念なケアを続けています。横浜FCでカズさんや俊輔くんの姿勢を見ていましたので、少なからず影響を受けていると思います。前節は芝が長く水がまかれていない状況を事前に聞いていたので、スタッフにお願いをしていつも以上に水を用意してもらって、ゴールキックの際にはボールに水をかけて、少しでもボールが走るようにしてミスを減らすように努めました。チームはすごくインテンシティの高い練習ができていますし、練習で積み上げてきたことが結果に繋がってきているのではないかと思います。DFも誰が出ても心強いですし、チームとしての守り方があって良くなってきているので、今節も失点ゼロにこだわって戦いたいです」

DF42 山越 康平 (#42山越)
「少し時間がかかってしまいましたが、栃木戦でJリーグ通算100試合出場を達成できてうれしく思いますし、100試合目を地元の栃木で迎えられたことに運命を感じています。コンディションも良いので、メンバーにも入れて試合の終盤に使ってもらえていると思います。試合では押し込まれる時間も多いですが、セットプレーで点を取れているのが大きいと感じていますし、激しく質の高いセットプレー練習ができているので、そこが攻守において結果につながっていると思います。ベンチの選手が声をだしてピッチの選手を鼓舞していてすごく一体感を持って戦えています。今季も残り10試合となりましたが、上をみて戦っていかないといけませんし、個人としてはスタメンで出られるように日々のトレーニングからアピールしたいと思います」


※ホームゲームでは、これまでプレビューページで掲載していたスタッツデータや対戦相手情報などをデジタルマッチデープログラムページで公開中です。

Twitter

@Ardija_Official