ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > 試合 > 明治安田J2 第35節 北九州戦
明治安田J2
第35節
武蔵野銀行
2021 10/23(土) 14:00
NACK
大宮アルディージャ
大宮
ギラヴァンツ北九州
北九州
14'黒川 淳史
42'河田 篤秀
52'黒川 淳史
31'新垣 貴之
DAZN/テレ玉
TV放送DAZN/テレ玉

フォトギャラリー(10/19~21)

霜田正浩監督コメント

「千葉戦では不運が重なって敗れてしまいましたが、狙いとした形を出せて試合を優位に進められましたし、J2残留を争うほとんどのクラブが勝点を伸ばせず、我々の順位が変わらなかったこともあり、下を向く必要はないです。自分たちが改善できるところに目を向けて、力を注いでいこうと選手には伝えました。3トップで点を取りたいなかで、練習から調子のよかった(中野)誠也をスタメンからワイドのポジションで使いましたが、素晴らしい動きをみせてくれましたし、周囲との関係が深まれば、より相手の脅威となると思います。直近の2試合、先に失点をして自分たちで試合を難しくしてしまっていますので、北九州戦では必ず先制してゲームをコントロールしなくてはいけません。6ポイントマッチをホームでできるので、サポーターの後押しを力にかえて勝点3を獲得したいです」

選手コメント

DF6 河面 旺成 (#6河面)
「今日は久々にサポーターの前で練習を行い、ファンサービスのなかで応援してくれる方々と対面して、温かい声を聞けてよかったです。千葉戦で復帰しましたが、いつも通りプレーすることを意識して、90分間出場することができました。試合の入りに気を付けていた中で失点してしまいましたし、千葉のような守備の良いチームに先制点を与えると、難しい試合になってしまいます。北九州は前からプレッシャーにくるチームですし、ボールを扱うことに長けた選手が多いので、守備陣は気を付けないといけません。リーグ戦は残り8試合となりましたが、落とせる試合は一つもありませんし、メンタル面がとても重要になってきます。目の前の相手に負けないという気持ちを前面に出しつつ、前節の反省を生かして、残留に向けてポイントを取り続けていきたいです」

MF41 小野 雅史 (#41小野)
「この状況でもたくさんの方が練習見学に来てくださって、その姿をみて改めて頑張らなくてはいけないと思いました。千葉戦でも早い時間で失点してしまったので、チームとしてリスタートやセットプレーの部分は気を引き締めて突き詰めていかないといけません。金沢戦や千葉戦の後半のように自分たちがアクションし続けることで、攻撃でよいテンポを生んでいると思いますので、そこを前半から出し続けていきたいです。今節の北九州は千葉とは違うサッカーをしてきますが、相手の特徴を把握した上でアクションを起こして、ゴールを狙っていきたいです。自分はどこのポジションでプレーしたとしても、一人でドリブル突破できる選手ではないので、周囲との関係性が大切になってきます。自分が生きるのではなく、周りの選手が生きるための関係性を意識してプレーしていきたいです。北九州戦がシーズンを左右する一戦となりますので、どんな形でもいいので勝利したいです」


※ホームゲームでは、これまでプレビューページで掲載していたスタッツデータや対戦相手情報などをデジタルマッチデープログラムページで公開中です。

Twitter

@Ardija_Official