NEWS

ニュース

【スクールキャラバン】泰平保育園・宮原保育園訪問レポート

 大宮アルディージャでは、5月28日(水)に、さいたま市北区の泰平保育園・宮原保育園へU-12コーチが訪問し共同のサッカー教室を行いましたので、その模様をお伝えいたします。

 この活動は、平日の午前中にアルディージャがホームタウンとして活動する、さいたま市西区・北区・大宮区・見沼区・岩槻区の各保育園・幼稚園・小学校へU-12コーチが訪問し、授業の時間をお借りしてサッカー教室を行うことで、サッカー・スポーツの素晴らしさに触れてもらうことを目的とし実施しています。

 今回は、市北区の泰平保育園・宮原保育園へ山本大U-12コーチ、白井省吾U-12コーチが訪問し、両園合わせて50名の子どもたちと一緒にサッカーを行いました。サッカーに初めて接する子どもにも参加しやすいボール遊びから始まり、最後はコーチたちと一緒にゲーム形式の練習まで積極的に取り組んでくれました。サッカーがうまい子はもちろん、初めての子も、ゲームとなるとみんなゴールに向かって真っすぐ走る姿が印象的でした。




 大宮アルディージャでは、「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」という理念のもと、スポーツを中心とした様々な活動を通じて、地域の発展に貢献できるよう、これからも活動を続けて参ります。今後ともご支援とご声援を宜しくお願いいたします。


  • ホームタウン

FOLLOW US

パートナーバナー

アーカイブ