ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース

東北地方太平洋沖地震 復興支援物資 提供と仕分け作業協力レポート

東北地方太平洋沖地震 復興支援物資 提供と仕分け作業協力レポート

  4月3日(日)大宮アルディージャのファン・サポーターの皆様よりご提供頂きました支援物資を東北地方太平洋沖地震にて被災された方々へお届けしましたので、その模様をご報告いたます。






  大宮アルディージャでは、被災された皆様への支援を「長期的」かつ「継続的」に行っていくべく、様々な活動をしております。3月27日(日)の支援物資を宮城県の被災地へ届ける活動に引き続き、ファン・サポーターの皆様により集められた支援物資を被災された方々へ届けました。前日、ファン・サポーターの皆様をはじめ、スポンサー企業の皆様、さいたま市のサッカースポーツ少年団の皆様より集められた物の他、大宮アルディージャの選手が集めた物、そして先週日本サッカーミュージアムに集められ積み切れなかった物を合わせると約820箱にもなりました。チームバスには乗り切らず、4tトラックも手配し運ぶ事となりました。

  4月3日(日)朝5:00、支援物資を積み込んだチームバスは大宮を出発しました。先週と同様、東北自動車道を通り、10:00頃ユアテックスタジアム仙台へ到着しました。

  はじめに、ベガルタ仙台の白幡社長に大宮サポーターの皆様の思いが込められた応援メッセージのDVDとメッセージが書き込まれたフラッグ・ベガルタ仙台のシャツをお渡ししました。



10:00頃ユアテックスタジアム仙台へ到着 大宮サポーターの思いを届けました


フラッグを掲げて記念撮影 バスに積み切れなかった物資は4tトラックへ

  先週と同様、ユアテックスタジアム仙台には多くのボランティアの方々が集まっていました。大宮から運ばれた支援物資はそのまま、被災地へと運ぶ事となり、ユアテックスタジアム仙台に集められた支援物資を追加でチームバスに積み込む事となりました。荷台はすべて一杯だったため、チームバスの座席に積み込みました。



多くの皆様が手伝いに集まっていました 物資を大宮のバスへ積み込みました


できるだけ多くの荷物を被災地へ届ける為 座席にも支援物資で一杯です

  12:10、積み込みを完了したバスは、ベガルタ仙台のトラック・名古屋サポーターの皆様のトラックとともに、避難所となっている宮城県石巻市立渡波小学校へ向けて出発しました。避難所は海岸まで数百メートルで、津波による被害も大きく、近隣の街はほぼ津波に流され、がれきの山となっておりました。13:30、避難所へと到着し、支援物資を降ろしました。がれきの間を仙台サポーターの皆様、名古屋サポーターの皆様とともに運び込み、何もなかった部屋が全国の皆様からの支援物資で一杯となりました。
  トラック3台とバス1台の荷物を降ろした後、一緒に作業をした仙台サポーターの皆様と「今度はスタジアムで会いましょう!」とあいさつし、16:30に渡波小学校を後にしました。



13:30渡波小学校到着 名古屋サポーターのトラックに積まれたドリンク


がれきを避けて皆さんで協力して運びました 支援物資が次々部屋の中へ


続いて大宮サポーターの皆様からの支援物資 最後はアルディージャのチームバス


部屋の中は支援物資で一杯になりました "次はスタジアムで会いましょう!"


16:30避難所を後にしました ベガッ太からメッセージをもらいました

  今回も参加者一同事故なく活動を終えることができました。支援物資をご提供頂きましたファン・サポーター皆様、スポンサーの皆様、そして4月2日の仕分けにご協力いただきました皆様、物資運搬や積み降ろし作業にご協力頂きました多くの皆様、本当にありがとうございました。

   大宮アルディージャでは、被災された皆様の支援を継続的に行ってまいります。被災地の皆様が少しでも希望を持てるよう、一人一人ができることを考え、被災地の方々の支えとなっていきましょう!引き続き、ご協力頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。