ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース

「2010アルディージャ ビジネスクラブ(ABC)総会」開催レポート

2月24日(水)、パレスホテル大宮にて「2010アルディージャ ビジネスクラブ(略称:ABC)総会」が開催されましたので、その模様をお伝えいたします。

アルディージャビジネスクラブ(以下ABC)は、埼玉県内を主な事業拠点とするクラブスポンサーのみなさまを中心に、クラブとクラブスポンサーのみなさまとの絆を深めるだけではなく、クラブスポンサーさま同士が交流を図り、親睦を深めることで、相互理解と連帯感を高め、それぞれの事業の広がりに努めることを目的としております。

  昼の陽射しの中に春の兆しを感じるようになった2月24日。今年で第3回となる「ABC総会」は、年々その規模を拡大し、不況が続く中にあるにも関わらず、昨年を上回る61社(加盟74社中)、106名のみなさまにお集まりいただき、開催されました。

多くのクラブスポンサーのみなさまに
ご参加いただきました
渡邉代表もクラブスポンサーの
みなさまをお出迎え
  昨シーズンの報告と今シーズンの展望をお知らせを中心とする第一部・総会のオープニングを飾ったのは、昨シーズン末で現役を引退した斉藤雅人U-12コーチ。
「お世話になった地域のみなさまへ恩返しをしたいと考えておりますので、これからみなさまと一緒に、大宮を盛り上げていけたらと考えております。今後とも大宮アルディージャへのご支援よろしくお願いいたします」
  これまでの謝意とこれからの決意が込められた挨拶に続き、渡邉 誠吾・大宮アルディージャ代表が登壇し「選手、監督、フロントが一体となって目標を達成したいと思います!」と力強く挨拶。そして「ひとりで見る夢はただの夢。全員で見る夢は、現実になる」というオノ・ヨーコ氏の言葉を引用しつつ「アルディージャの誓い」達成状況の報告をし、そこで改めて、今シーズンが「2011年までにJ1リーグ優勝!」とう誓いのために重要なシーズンであることが確認されました。

オープニングは斉藤雅人U-12コーチの挨拶から 今シーズンの意気込みを熱く語る渡邉代表


  続いて、松崎 秀彦副代表より「ホームタウンまでの練習場整備!」に関する説明が行われ、続いて山下 兼弘事業本部長より「育成組織の支援」についての説明があり、そこで、大宮の育成組織が近年目覚ましい成績を残している事と同時に、支援体制が十分に整備されていないことが明らかにされました。そして「クラブの未来のためにも育成組織の支援・強化は不可欠」という話には、クラブスポンサーのみなさまも大きな関心を寄せていらっしゃいました。

松崎秀彦副代表が練習場の整備について説明 山下 兼弘事業本部長からは育成組織の
重要性が説明されました


  その後は充実し、多岐に渡ったABCの2009年活動報告と、2010年幹事の選出があり、新たに株式会社 佐田 代表取締役社長 浦嶋 繁幸様と、望月印刷株式会社 代表取締役社長 高田 純一様が新たに2010年幹事に選出され、さらに昨年の経験を活かし、ABCをさらに加速させることを目指して毎日興業株式会社 代表取締役 田部井 功様、
株式会社モビメント 代表取締役 桶本 義孝様ご両名が2009年に引き続き、2010年も幹事としてお務めいただくことも決定しました。これにより、2010年のABCは幹事4人体制で臨むこととなり、ABCの更なる発展と飛躍が期待されることとなりました。
  非常に明るく、一体感にあふれた雰囲気の中、ABC総会第一部は終了いたしました。

2010年ABC幹事をお務めいただく
田部井様、浦嶋様、高田様、桶本様(左から)
ABCがアルディージャを盛り立てていきます!


  会場を移し、第一部ABC総会に続いて行われた第二部・ABC懇親会は、清雲 栄純トータルアドバイザーの「現在74社あるABCメンバーが100社になるのが先か、チームが5位以内に入るのが先か楽しみです」と、お互いが競い合って発展、向上していくことを期待しながらの乾杯となり、懇親会の場は開始から大いに盛り上がりました。会場内の至るところで新しい出会いがあり、そこでサッカーの話、ビジネスの話が花咲きました。
  開会から30分ほど経ったところで、午前・午後の2部練習を終えた張 外龍監督と藤本 主税キャプテンら選手11名が会場に駆け付け、会場の熱気もさらに高まりました。
  熱意と笑顔にあふれた会場の雰囲気を感じ張監督は「みなさまが今見せている笑顔と、選手たちのこの笑顔で34試合戦い抜きます。みなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします」と、にこやかな笑顔で挨拶をしました。そして株式会社佐田様の2010シーズンの新しいチームスーツに身を包んだ選手たちも、いつもと違う雰囲気に緊張の表情を見せながらも、ABCの輪(和)の中へと溶け込んでいきました。

懇親会の幕開けは
清雲 栄純トータルアドバイザー
ABCの発展を祈念して、乾杯!
練習を終えた選手たちも登場! 実ににこやかな表情で挨拶をする張監督


  選手たちが加わってからの歓談タイムでは、クラブスポンサーのみなさまが"名刺デビュー"をした選手たちと名刺交換をしながら、サッカーからビジネスまで、さまざまな話に花を咲かせていました。突然登場した選手たちにやや興奮気味のクラブスポンサーのみなさま。そして、めったにない機会に緊張が見え隠れする選手たち。ABC懇親会はかつてない盛り上がりを見せました。

初めての名刺交換に
満面の笑みの藤本キャプテン
渡邉代表も積極的に話に参加します
異業種でも話は大きく盛り上がります アン選手も名刺交換初体験です
張監督はサイン攻めでした ABCメンバーのみなさまともなると
話を聞く姿も真剣そのものです


 歓談の後は、新しくABCメンバーなってくださった計12社のご紹介が行われ、会場に足を運んでいただいた10社のみなさまからのご挨拶をいただきました。そして中締めのご挨拶は、2010年新たに幹事をお務めいただく株式会社 佐田 代表取締役社長 浦嶋 繁幸様。「この不景気の中にあって、このABCに加盟する企業が増えている事、そして、ここにいるみなさまの熱意には本当に驚きました。私たちはこの機会、この場を大いに活用すべきだと思います」と熱っぽくお話しになり、ABCの発展と、チームの今シーズンの目標達成を祈念し、三本締めで「2010アルディージャ ビジネスクラブ(略称:ABC)総会」はおひらきとなりました。

新規メンバーのみなさまご登壇 目標達成を祈念して、三本締め!



株式会社 佐田 代表取締役社長 浦嶋 繁幸様
私はサッカーは素人ですけれども「経営」するということに関しては同じです。そこで大宮アルディージャはABCのように横のつながりを大切にしながら、どうやってクラブを経営していくのか、とても興味があります。本当に良い場所に来たなと思いました。こういったクラブスポンサーがいて、熱いファン・サポーターがいて、一生懸命トレーニングしているチームが一体になれば、順位は一つひとつ上がって行くと思います。そういった力をABCからは感じました。

望月印刷株式会社・代表取締役社長 高田 純一様
こういう景気の悪い時だからこそ、ABCがしっかりとチームをサポートしていきたいと思います。私個人といたしましては、今年も全試合、現場で応援していきますので、選手のみなさんには是非頑張っていただきたいと思います。

毎日興業株式会社 代表取締役 田部井 功様
私たちファンが応援すると、選手たちは力が出ます。その瞬間を目にしたとき、今度は私たちが選手たちからパワーをもらいます。「すごく良いものを見た」と感動するんです。するともっと一生懸命応援して、選手ももっと力を発揮する。そういう良い連鎖がチームを最強へと押し上げるのだと思います。そのためにもABCは力を惜しみません。

株式会社モビメント 代表取締役 桶本 義孝様
このABCは他のパーティとは雰囲気が違いますね。外から見る方々も、この集まりはちょっと違う、可能性を感じる、というお話も耳にしました。今年も幹事という役をやらせていただきますが、ABCの発展のために、クラブの発展のために、責任を持って取り組んでいきたいと思います。

ABCはこれからますます発展します!


張監督、および、ABCに参加した選手のコメントは以下の通りです。

■張 外龍監督
ABCのみなさまがいて、私たちは働けるんだな、というのを実感しています。実際に選手たちがこの場へ来て交流を図ることで、本当にABCの方たちがチームを応援してくれているのを感じました。ものすごい一体感、そして責任感を感じています。今年はこのABCのみなさまと一緒に、Jリーグを盛り上げていけたら良いなと心から思います。

■藤本 主税選手
ABCはめちゃくちゃ楽しいです。名刺の渡し方も勉強してきましたし(笑)。本当にいろんな人がいて、刺激になって、勉強になる場でした。

■江角 浩司選手
チームをご支援してくださっている方々と直接お話しできるのは本当に貴重なことだと思います。温かい応援の言葉も頂いて、ありがたく感じています。名刺交換もする機会なんていうのもなかなかないので、あらゆる面で良い機会でした。

■マト選手
こんなにもたくさんの人に集まっていただいて、私たちをサポートしてくださっているということに良い意味で驚きました。

■金澤 慎選手
ふだんなかなか接することができない方々とお話しする機会が持てて良かったです。自分のこれからにどう関わってくるかはわかりませんが、この経験が役に立てば良いなと思います。

■アン ヨンハ選手
本当に勉強になりました。名刺の渡し方もこの機会で初めて知りましたし。短い時間でしたが、本当に有意義な時間でした。またこういう方々が応援してくださっているからこそ、チームも運営できているというのもわかりましたし、そういう熱も感じました。それをもっと増やせるように、僕たちももっと頑張らなければいけないと思いました。

■北野 貴之選手
こういう場に呼んでいただけたことを非常に嬉しく思います。また今日のように呼んでいただけるよう、頑張りたいと思います。そして次にABCの皆さまとお会いできた時には、さらに良いお話ができると思いました。

■村上 和弘選手
楽しかったです。僕には個人スポンサーも付いたんで頑張ろうと思います(笑)。

■深谷 友基選手
こんなにもたくさん応援してくださる方がいて、身が引き締まる思いです。ABCの皆さまから力をいただいて、それを結果でお返ししたいと思います。

■石原 直樹選手
今回は名刺を忘れてしまって...ABCの皆さまに自分のことをアピールする機会を逃してしまいました。だけど、その分、グラウンドでアピールして覚えていただこうと思います。

■金久保 順選手
参加されている方が、それぞれの会社で重要な立場にいらっしゃる方たちばかりなので、自分の居場所がないのではないかと思うくらいでしたが、一社会人として、ABCでは本当にいい勉強がいっぱいできました。

■木原 正和選手
ご年配の方たちや、社会的地位のある方が多くてとても緊張しました。なかなかうまくお話することができませんでしたが、ふだんそのような方たちと接する機会はなかなかないので、たくさんお話を聞かせていただきました。


ふだんはほとんど接点のない異業種の世界の方たちが「アルディージャ」の名の下に集まった「ABC」。この始まりの3文字には、限りない可能性が秘められています。
今後も「アルディージャ ビジネス クラブ=ABC」をよろしくお願いいたします!