ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > アカデミー

第41回 全日本少年サッカー大会 決勝大会 第3節&ラウンド16の試合結果

 12月27日(水)、第41回 全日本少年サッカー大会 決勝大会 1次ラウンドの第3節、および決勝ラウンドのラウンド16が行われ、大宮アルディージャジュニアはベスト8へコマを進めました。出場メンバーなどは、下記の通りです。

 明日12月28日(木)9:30からの準々決勝では、大会無失点中の西宮SS(兵庫)と対戦。勝利すると、同日14:00からの準決勝へと臨みます。日本一まであと3試合と迫ったジュニアへ、ご声援をよろしくお願いします。





■第3節
□日時
12月27日(水) 10:30キックオフ

□会場
鹿児島ふれあいスポーツランド

□形式
8人制、40分(前後半各20分)

□結果
6 〇 0 (4-0/2-0) 本荘南SSS(秋田)

□メンバー
GK:凌
DF:面田、市原、真壁
MF:古川、田村、種田
FW:石川

□サブ
下田、鈴木、大内、坂口、濱田、斉藤、竹内、中松

□交代
HT:市原→鈴木、田村→坂口、古川→濱田、石川→斉藤、種田→竹内、真壁→中松
後半8分:凌→下田
後半11分:面田→大内

□得点経過
前半1分:石川
前半6分:古川
前半12分:石川
前半15分:石川
後半3分:中松
後半5分:坂口

□総評
互いに連勝で迎えた試合は、開始早々に石川がドリブル突破から先制すると、前半のうちに石川がハットトリックを達成。選手を大幅に入れ替えた後半も攻勢を保ち、リードを6点に広げる。その後、前日は体調不良だったGK下田も出場し、相手との1対1を防ぐ好セーブを見せた。無失点の3連勝でグループG首位となり、決勝ラウンド進出を決めた。


■ラウンド16
□日時
12月27日(水) 15:15キックオフ

□会場
鹿児島ふれあいスポーツランド

□形式
8人制、40分(前後半各20分)

□結果
2 ○ 2 (1-0/1-2/PK3-2) 太陽SC(鹿児島)

□メンバー
GK:下田
DF:面田、市原、真壁
MF:古川、斉藤、種田
FW:石川

□サブ
鈴木、大内、田村、坂口、濱田、竹内、中松、凌

□交代
後半11分:古川→田村
後半17分:田村→古川

□得点経過
前半18分:種田
後半5分:石川
後半15分:失点
後半17分:失点

□総評
開催地・鹿児島の代表との対戦は、一発勝負ということもあり固さが見られたが、CKから種田が先制点。後半5分には石川が追加点を挙げた。しかし、ロングボールを多用する相手の攻撃に苦しみ、残り5分で1点差にされると、2分後にはミドルシュートのこぼれ球を押し込まれて同点に。PK戦では、2人ずつ決めて迎えた3人目、相手のシュートがクロスバーに当たって外れたのに対し、古川が確実に決めて勝利した。


■森田浩史監督のコメント
「ラウンド16からは別の戦い、難しい戦いになると話していました。選手が頑張って2点をリードしてくれた中、システム変更で私が選手の足を引っ張ってしまいました。次に進めたことは大きいですし、僕も、選手も、一つひとつの経験を成長につなげていかなければと思っています。本当に良い経験ができましたし、明日はもっと良い試合ができるように、今日の反省を生かしたいです」

■下田太陽選手のコメント
「ラウンド16では、相手のロングボールにどう対応するかを意識しながら戦いました。2点リードして良い流れだったのですが、2失点してPK戦になってしまったので、PK戦では自分が止めて流れを変えようと思っていました。最後のシュートも僕がセーブしたわけではないですが、かけ引きに勝ったとポジティブに考え、明日も気持ちを強く持って勝利できるように全力で挑みたいです」

■面田凌選手のコメント
「今日は先発できましたし、しっかりやろうと思っていました。右サイドで良いプレーができたと思います。ラウンド16では、2点をリードしながらも追いつかれてしまいました。2-0の展開が一番危ないと言われているのですが、相手に迫力が出てきて慌ててしまいました。それでもPK戦で勝ち切れたのは良かったです。明日も最後の笛が鳴るまであきらめずに戦いたいと思います」

■石川颯選手のコメント
「ラウンド16でも、先に2点を取れたのは良かったですが、相手が前に出てきたときに受け身になってしまいました。同点に追いつかれた場面に関与したので満足はしていません。明日の対戦相手には良いストライカーがいますが、そこはディフェンスの選手たちを信じて、僕は前で体を張って、みんなで連動して1点でも多く取って勝ちたいと思います」

関連ニュース

関連タグ