ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

「ほぼ日刊アルディージャ 沖縄キャンプ編」Vol.04


はじまり


 1月19日(土)、今シーズン初の練習試合を行いました。南城市陸上競技場にお邪魔して、ジェフユナイテッド市原・千葉さんと30分×3本を戦って、結果は0-0の引分けでした。

 高木琢也監督の下では初となる試合だったこともあり、どんなシステムで、どんなメンバーで戦ったか気になる方が多いと思います。先に出場メンバーをお知らせします。システムは全て、3-4-3を採用していました。


■1本目
GK:笠原
DF:山越、菊地、高山
MF:奥井、石川、小島、酒井
FW:小野、シモヴィッチ、大前

■2本目
GK:塩田
DF:酒井、山越、高山
MF:奥井、石川、小島、中村
FW:小野、富山、奥抜

□交代
16分:酒井→畑尾、山越→河面、奥井→渡部、石川→金澤、小島→三門、小野→嶋田、奥抜→茨田

■3本目
GK:加藤
DF:畑尾、河本、河面
MF:渡部、金澤、三門、佐相
FW:嶋田、吉永、茨田

□交代
16分:金澤→奥抜


 全体の印象としては、悪くなかったと思います。「1月11日の始動から、活動8日目としては動けていたと思う。トレーニングや試合をこなして、どんどん上げていければ良い感じになっていくと思う」と、大塚慶輔フィジカルコーチは言っていました。

 90分間でゴールを奪うことができなかったわけですし、課題が出たのは紛れもない事実です。結果的には無失点で終えられたと言っても、崩されてゴール前に進入された場面がありましたし、塩田仁史のファインセーブに救われた場面もありました。

 ただ、この約1週間の中で高木監督が話してきたことや、トレーニングで取り組んできたことに対して、チャレンジする姿勢が表れていたと思います。まずは開幕戦に向けて全員が、試合に出たいという新鮮な気持ちで臨んでいるに違いなく、チーム全体が良い雰囲気でした。

 「まだまだ、詰めていくことはたくさんある。今のところ、チームとして取り組んできた幅は狭いけど、今日は個人個人で、その幅を広げてほしい。色々なことにチャレンジしてほしい」。試合前のミーティングで、高木監督が選手たちに投げ掛けた言葉です。

 共通理解を深め、全員が同じ方向を見て精度高くプレーする。チームのためにハードワークし、互いに助け合って一体感を持って戦う。さらに、個々が自分の頭で考えて前向きにチャレンジする。文字に起こすとシンプルですが、シーズンを通して、高いレベルで維持するのは非常に難しいことだと思います。

 今日の練習試合から、フィジカルコンディション、個人やチームの戦術的な課題をどうとらえ、どう改善し、どうやって良いチームを作っていくのか。限られた時間の中で、対戦相手がいる中で、積み上げていかなければいけないのは、全チームが同じ状況です。戦いは、もう始まっています。


広報グループ 田口


関連ニュース

関連タグ