ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

「ほぼ日刊アルディージャ 沖縄キャンプ編」Vol.07


クオリティー


 1月22日(火)は、かいぎんフィールド国頭兼サッカー場にお邪魔し、FC東京さんと45分×3本の練習試合を行いました。結果は0-1、0-0、1-1で、合計1-2。出場メンバーなどは、下記のとおりです。


■1本目
GK:笠原
DF:畑尾、菊地、河面
MF:奥井、小島、三門、渡部
FW:茨田、富山、大前

□得点経過
35分:失点

■2本目
GK:塩田
DF:畑尾、菊地、河面
MF:渡部、大山、小島、奥井
FW:嶋田、富山、バブンスキー

□交代
18分:富山→シモヴィッチ、菊地→佐相
24分:畑尾→高山、河面→中村、渡部→山越、小島→石川、奥井→酒井

■3本目
GK:加藤
DF:山越、高山、中村
MF:佐相、石川、金澤、酒井
FW:小野、シモヴィッチ、奥抜

□交代
14分:佐相→吉永、シモヴィッチ→フアンマ
21分:酒井→佐相
29分:加藤→清水

□得点経過
3分:シモヴィッチ
15分:失点


 アルディージャの得点シーンは、相手のミスを逃さず、高い位置でボールを奪った奥抜侃志が、ドリブルで持ち上がってスルーパス。ペナルティーエリア右へ走り込んだロビン・シモヴィッチが、右足で冷静に決めました。

 試合の率直な感想として、J1上位クラブで先発をつかむ選手たちは、やはりレベルが高いと感じました。いわゆる、クオリティーが高いと言うやつです。特に1本目は、ボールを保持される時間が長く、ピンチの場面も何度かありました。

 クオリティーの高さって、果たして何なのでしょうか。試合の合間のミーティングでも、「パスの質や、コントロールの質を上げていこう」と、高木琢也監督が選手たちに伝えていました。動きの質、判断の質、声掛けの質などなど、他にも様々な使い方ができる言葉だと思います。

 では、クオリティーの高い選手を一言で表現すると、どんな選手でしょう。西村泰彦コーチいわく、「限られた時間とスペースの中で、当たり前のことを、どれだけミスなくできるか」。私は、基本がしっかりしている選手、だと解釈しました。

 確かに、J2よりJ1の方がミスは少なく、試合がスムーズに流れている印象を受けます。国際Aマッチともなると、さらに基本技術のレベルが上がり、全体のスピード感が上がります。話は少し飛びますが、私たちの日常に置き換えてみても、仕事のできる人ほど、基礎を大事にするものです。

 何を隠そう、今日もプロのクオリティーを肌で感じました。毎日キャンプレポートをご覧いただいている方は、すぐにお気づきになると思います。今日の選手たちの写真が、すごくカッコいいことに。そうです。オフィシャルカメラマンさんに撮影していただきました。

 公式戦では毎試合お願いしていますし、それぞれの方がどんな雰囲気の写真をあげてくださるかは、何となくイメージできます。しかし、その日の、その瞬間の写真は、もう二度と再現することができません。自分自身でシャッターを押すようになって、写真の奥深さを感じるようになりました。

 試合、トレーニング、取材などで、選手たちがどんな表情を見せてくれるのか。それを誰よりも早く確認できる楽しみは、広報の特権かもしれません。今シーズンも、プロカメラマンの素晴らしい仕事を、皆さんにお伝えしていきたいと思います。


広報グループ 田口


関連ニュース

関連タグ