ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > アカデミー

キャリアデザインサポートプログラム 2019年度「Jリーグ版よのなか科」実施レポート

 8月8日(木)から11月3日(日祝)にかけて、大宮アルディージャU13の選手18名を対象に、キャリアデザインサポートプログラム 2019年度「Jリーグ版よのなか科」を実施しました。

 「Jリーグ版よのなか科」は、プロを目指す競技者として、サッカーとこれからの自分とのかかわり方について考え、自分なりの考えを持つきっかけにすること、また競技者として必要な思考力のトレーニングとして、自分で考え、他者には色々な考えや意見があることを知り、考えることを楽しむという実体験を通して、コミュニケーション能力などの力を育成させることを目的としたキャリアデザインサポートプログラムです。

 大宮アルディージャでは、毎年この「Jリーグ版よのなか科」実施しています。今年度はファシリテーターを横谷亮U15コーチ(U14担当)が務め、保護者にもたくさん参加いただき、全5回のプログラムをオレンジキューブや志木クラブハウスで実施しました。

 第1回「Jクラブをとりまく“お金”から仕組みを考える」では、サッカー産業がどのように成り立っているのかを「収入」と「支出」に分けて分析し、クラブ経営についての理解を深めました。また、ゲストティーチャーとして森正志代表取締役社長が登場しクラブ経営について説明をしたほか、選手たちへメッセージを送りました。

 第2回「Jリーグがめざすものを考える」では、ディベートを交えながら、地域に根ざしたホームタウン制やサポーターという共生市民の考え方を理解し、クラブが行っているホームタウン活動を振り返ったりと、サッカー産業の仕組みを考えました。

 第3回「Jリーグをとりまく職業を考える」、第4回「職業と意志・役割・能力」の関係について考える」では、サッカー産業とりまくたくさんの職業について考え、それぞれのイメージや意見を共有しました。ゲストティーチャーとして、テレ玉「Ole!アルディージャ」ディレクターの池田旭さん、大宮アルディージャ事業本部広報グループの高橋祐哉さんに話を伺い、職業の社会的な意義・役割や、役割を担う能力・スキルの必要性を学びました。

 最終回となる第5回「自分のキャリアイメージプランを考える」では、サッカー選手としての「意志」「役割」「能力」の視点で自身を客観的に分析し、自分の5年後のキャリアイメージプランを考え発表しました。自分だけでなくチームメートの考え方に触れることで、互いの価値観や考えを共有しました。

 また、最終回にはサプライズゲストとして、ユース1期生でトップチームで長く活躍する金澤慎選手が登場。自身のこれまでの経験や後輩たちへのアドバイスなど伝えました。そのほかにもアカデミー出身の選手たちが激励に来てくれたりと、普段はあまり顔を合わせることができないトップチームの選手とも交流することができ、非常に有意義な一日となりました。

 選手たちは5つのプログラムを通じ、Jリーグの産業構造やサッカーにかかわる様々な職種があることを知りました。また、自らのキャリア形成への意識が高まり、競技者としての人間性・社会性の形成、コミュニケーション能力の必要性を理解しました。

 今後ともトップチーム同様、アカデミー活動へのご理解、ならびにクラブの将来を担うアカデミー所属選手たちへのご声援をよろしくお願いいたします。

関連ニュース

関連タグ