ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
お家でアルディージャ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

金澤慎選手引退、および地域プロデュース部コーチ就任会見レポート

 1月8日(水)、2019シーズン限りでの現役引退を発表した金澤慎選手が、育成普及本部地域プロデュース部コーチに就任するにあたり、クラブハウス“オレンジキューブ”で記者会見を行いました。会見には、森正志 代表取締役社長、岡本武行 育成普及本部長も出席し、コーチの活動内容などについて説明を行いました。

 まず、現役生活を振り返った金澤は、「一選手として、静かに終えていくのだろうと思っていましたが、自分以上にいろいろな方が引退を大きな出来事と捉えてくださり、たくさんの方から『お疲れ様』という言葉をいただき、驚きました。大宮アルディージャという地元のクラブで、たくさんサッカーをさせてもらったことを、あらためて幸せだと感じました。お世話になった部分を、地域やチームを通して還元したいと考えています。通常なら自分で仕事を探すところですが、こんなにも早く次のキャリアをスタートできる環境をいただいたことに感謝していますし、クラブが自分のことを大事にしてくれている、その気持ちに応えないといけないと思っています」と話しました。

 金澤は1999年にスタートしたユース(現U18)の一期生で、02年にアカデミー初の昇格選手としてトップチームに加入。東京ヴェルディ1969に期限付き移籍した06年と07年を除き、16年間にわたってアルディージャでプレー。クラブ最多366試合に出場し、14得点を挙げました。

 現役時代の印象的な出来事については、「印象に残っているのは、21試合負けなしのJ1記録を作った13年、NACK5スタジアム大宮での浦和レッズとのさいたまダービーです。選手として最高の出来事。あれだけのやりがいを感じたことは、ありません。あのピッチに立てたことは、とても幸せなことでした。逆に、チームを2度もJ2に降格させてしまい、期待に応えられなかった不甲斐なさと自分の力のなさを感じたことが、悔いとして残っています。また、昇格させることができずに引退することも悔いが残っています」と話した金澤は、「他のチームでプレーする姿は想像できませんでしたし、家族も引退に理解を示してくれ、次の目標に力を使えば良いのではと後押しをしてくれたので、前向きな気持ちでの決断になりました」と、次へ踏み出す決断を下した経緯を明かしました。

 引退後のキャリアについては、プロ選手として多くの監督から学びを得る中で、自分ならどうするかと考えることに楽しみを覚え、5、6年前から指導者になることを考えていたといいます。将来の目標は、不敗記録を作った当時のチームを率いたズデンコ・ベルデニック監督のように、チームを勝たせるプロチームの監督。アルディージャを率いることも目標に入れていると話しました。

 昨年末、岡本本部長は金澤が次は指導者を目指すことを聞き、「まずは子どもと接してコーチングを学び、コーチとしてのレベルを上げてもらいたいと考えた」と、地域プロデュース部コーチの役職を提案。具体的な職務は、スクール運営やサッカー教室、キャラバンにおける子どもたちへの指導であると説明しました。

 岡本本部長が「ユースを立ち上げたときに私がコーチとして携わり、1年生だけで臨んだJユースカップで、3年生中心の鹿島アントラーズユースに0-16で負けて、これで大丈夫なのかと思いましたが、ここまでのキャリアを積む選手になってうれしく思います。アカデミー出身の大事な選手なので、コーチとしても活躍できるように見守っていきたい」と話したように、金澤はクラブとともに歩んできました。

 森社長は「彼の功績に報いるためにも今後、彼が進む目標をバックアップしていきたいと思っています」と、形を変えつつも、ともに歩み続ける姿勢を示しました。選手として多くの活躍を見せてきた背番号23は、指導者という新たな道に進んでいきます。

(構成:平野貴也/写真:早草紀子)

■会見映像レポート


■会見質疑応答映像レポート

関連ニュース

関連タグ