ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

ほぼ日刊アルディージャ (2/2)

収穫

 沖縄2次キャンプ最終日となった本日は、読谷村陸上競技場にお邪魔し、サガン鳥栖さんとの練習試合を実施。45分×4本を行い、0-1、3-0、2-0、0-1の合計5-2で勝利しました。出場メンバーなどは下記のとおりです。


<1・2本目(0-1/3-0)>

■メンバー
GK:笠原
DF:菊地、マクシメンコ、河面
MF:シノヅカ、石川、三門、翁長
FW:奥抜、ハスキッチ、近藤

■得点
21分:失点
65分:髙田
69分:シノヅカ
74分:翁長

■交代
50分:奥抜→髙田


<3・4本目(2-0/0-1)>

■メンバー
GK:加藤
DF:山越、河本、畑尾
MF:渡部、大山、小野、酒井
FW:嶋田、富山、吉永

■得点
18分:吉永
39分:富山
63分:失点

■交代
70分:吉永→練習生
80分:渡部→練習生、河本→西村


 1本目は、序盤から攻守において相手のスピードの速さに押され、主導権を握られる展開でした。21分には、一瞬の隙を突かれ先制点を許してしまいました。しかし2本目に入ると、良いポジションを取って相手のプレッシャーをかいくぐる場面が増え、65分には近藤貴司選手が高い位置でボールを奪取してクロス。高田颯也選手が合わせて同点にします。

 このゴールによって主導権を握り返すと、相手が高い位置からプレッシャーをかけてきても、GKを使ったビルドアップでそれを剥がし、カウンターのような場面を作って一気にゴール前へ迫ります。69分には、そうした良い流れからイッペイ シノヅカ選手が右足を振り抜き、74分には、髙田選手とのパス交換から翁長聖選手がゴール。1・2本目は、3-1で終えます。

 メンバーが変わった3本目も、勢いは止まりませんでした。18分には吉永昇偉選手がゴールをあげると、39分には自身で獲得したPKを富山貴光選手が冷静に決め、スコアは2-0に。4本目は危ないシーンを作られて失点を喫しましたが、最後まで加藤有輝選手を中心に集中を切らさず、2-1で終了。合計5-2で勝利をあげました。

 J1クラブを相手に苦戦を強いられる時間帯もありましたが、攻守においてチャレンジし、勝ち切ったことは大きな収穫になったと思います。

 1月12日にスタートした「ほぼ日刊アルディージャ」をご拝読いただき、そして、「キャンプde突撃インタビュー」でも多くのご質問もお寄せいただき、ありがとうございました。本日は大宮に戻ってから、選手は2日間のオフを挟んでトレーニングを再開します。

 私も少しリフレッシュして、再び広報活動に勤しみたいと思います。これからも様々なことを学びながら、良い情報をお届けできるように頑張ります。

広報グループ・仙石



関連ニュース

関連タグ