ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > 試合

さいたまシティカップ 前日記者会見 レポート

 さいたまシティカップを翌日に控えた2月8日(土)、大宮アルディージャクラブハウス“オレンジキューブ”で公式記者会見を行いました。

 冒頭では大会概要が説明され、45分ハーフで決着がつかない場合は引分けとし、選手登録は国際試合と同じ23人で、交代は12人まで認められることが確認されました。

 続いて両クラブが用意したギフトの交換が行われます。アルディージャからは特製のダルマが、クラブ・ナシオナル・デ・フットボールからはプレートが贈られ、高木琢也監督とグルタボ ムヌア監督、キャプテンを務める三門雄大選手とセバスティアン フェルナンデス選手、それに森正志社長とイバン アロンソGMが、笑顔で写真に納まりました。

 フォトセッション後は両監督と選手がマイクの前に座ります。高木監督は「我々もナシオナルさんも開幕前の貴重なゲーム。その先のリーグ戦につなげられるように、いい結果、いい内容のゲームを皆さんにお見せできるように頑張りたい」と意気込みを表わし、「伝統あるチームと戦えることは、我々の財産になっていく。この機会をチームとしても生かして、J1へ昇格できるように頑張っていきたい」とまとめました。

 一方のムヌア監督も、今回のさいたまシティカップを重要な試合と位置付けています。「日本を含めたアジアのチームは、ダイナミックで相手チームと競争力のある試合をすると聞いています。今回、我々の登録メンバーには若い選手が多いので、こういった大会に参加するのはいい経験になります。全力で真摯に取り組みたい」と語りました。

 どちらもシーズン前であることから、相手チームの情報収集には限りがあります。その点について聞かれた三門選手は、「南米の選手は高い個人技があるので、そこをしっかり抑えていくのが大事だと思います。ただ、相手よりも自分たちが昨年からやってきたこと、キャンプでやってきたことがどれだけ通用するのか、どれだけできるのか、ということにフォーカスしています。自分たちが持っているものを最大限にぶつけることで、たくさんのことを得られるのでは」と意欲を示しました。三門選手は「南米とチームと対戦するのは初めて」とのことで、「ドキドキ、ワクワクしています」とも話しました。

 ナシオナルのフェルナンデス選手は、オレンジキューブの印象を聞かれ「非常に素晴らしい」と目を輝かせました。その上で試合については、「来日前からシーズン開幕に備えて様々な準備をしてきている。明日の試合ではポゼッションサッカーを見せたい。自分たちが主役になって、それをしっかりと勝利につなげたい」と、すでに臨戦態勢です。

 そのフェルナンデス選手が表情をほころばせたのが、さいたま市国際ジュニア大使からの質問です。今回の会見には7名の中学2年生が参加し、英語で質問をしたのです。フェルナンデス選手だけでなく、ムヌア監督やアロンソGMは、「日本とウルグアイは気候が違う、その中で気をつけていることは?」といったサッカーに関連したものから、ウルグアイのカーニバルや観光名所などについて、笑顔を交えながら熱心に答えていました。

 記者会見は和やかな雰囲気の中で進み、およそ1時間で終了。最後にムヌア監督が「明日はいい試合になると思う」と力強く宣言し、さいたまシティカップへの期待がより一層高まりました。

(構成:戸塚啓/写真:早草紀子)


2月9日(日) 13:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ vs クラブ・ナシオナル・デ・フットボール




関連ニュース

関連タグ