ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > ホームタウン

今できることを、みんなでやろう!「ごみ減量・リサイクル推進週間」の取り組みついて

 大宮アルディージャでは、「エコクラブ」として環境に優しい活動を自ら実践し、ファン・サポーターや地域の皆さまにご協力いただきながら、資源確保や地球環境保全に努め、暮らしやすい持続可能な地域社会を目指してきました。

 環境省では、5月30日(土)~6月5日(金)を「ごみ減量・リサイクル推進週間」と定めています。残念ながら、毎年恒例の「ごみゼロの日 大宮クリーン大作戦」は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、皆さまと一緒に今できることに取り組み、より良い地域社会の実現に貢献できればと思います。下記の活動に、ぜひ、ご協力お願いします!


  • できるだけゴミを出さないようにしよう!
    「大宮クリーン大作戦」




    大宮アルディージャでは毎月第4金曜日やホームゲーム当日などに、大宮クリーン大作戦を実施しています。現在は新型コロナウイルスの影響で活動できていませんが、ゴミ拾いは目的ではなく、あくまでも手段です。一人ひとりがきれいな街づくりのためにできることを行っていきましょう!

  • ボトルキャップを集めよう!
    「ペットボトルキャップ回収運動」




    大宮アルディージャのホームゲームでは、リサイクルの一環としてキャップ回収を行っていますので、リーグ再開に向けてご協力いただければ幸いです。キャップは400個(約1kg)で10円になり、その収益を植樹活動に使用しています。また、収益を発展途上国の子どもたちのワクチン代として寄付する活動も各地で行われています!
    ※参考:NPO法人エコキャップ推進協会
  • ゴミをきちんと分別しよう!
    「ゴミの分別回収」




    ホームゲーム会場などでも、皆さまにご協力いただいているゴミ分別。スタジアム、ご自宅、職場、学校。それぞれの地域で分別のルールは異なりますが、いつでもどこでも、みんなで分別率100%を目指しましょう!

  • 3R運動を始めよう!
    「リデュース・リユース・リサイクル運動」




    6月5日は環境の日。買物へ行く際はマイバックを!外出する際はマイボトルを!ゴミを減らすこと、繰り返し使うこと、再び資源として利用すること。今できる身近なことから始めていきましょう!
大宮アルディージャでは、「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」という理念のもと、スポーツを中心とした様々な活動を通じて、地域の発展に貢献できるよう、これからも活動を続けてまいります。

関連ニュース

関連タグ