ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
VENTUS
VENTUSトップページ
VENTUSニュース
試合
チーム
チケット・観戦
アカデミー
パートナー
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
アルチケ「リセールサービス」
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
プレオーダーサービス
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ
ENGLISH
NEWS
CLUB PROFILE
STADIUM
CORPORATE
Men’s Team
Women’s Team
MATCH (Men)
MATCH (Women)

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > アカデミー

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 EAST 第1節の試合結果

 4月4日(日)、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 EAST 第1節が行われ、大宮アルディージャU18は流通経済大学付属柏高校と対戦して、0-4で敗れました。出場メンバーなどは以下の通りです。



■日時
4月4日(日) 11:00キックオフ

■会場
NACK5スタジアム大宮

■形式
90分(前後半各45分)

■結果
0 ● 4 (0‐3/0‐1) 流通経済大学付属柏高校

■メンバー
GK:海本
DF:貫、小澤、大井、市原(未)
MF:梅澤、髙橋(愛)、元木、山﨑
FW:前澤、新井

■サブ
涌井、堀田、川辺、高橋(輝)、勇内山、高野、市原(吏)

■交代
後半19分:前澤→高橋(輝)
後半21分:市原(未)→勇内山
後半39分:元木→市原(吏)

■得点経過
前半6分:失点
前半8分:失点
前半14分:失点
後半41分:失点

■試合後コメント
丹野友輔 監督
「自分たちがこれまで積み上げてきたものをチャレンジしてしっかりと出すこと、またコロナ禍でもこうしてサッカーができる喜び、感謝の気持ちを持ってプレーしようと試合に入りました。短い時間で失点を重ねてしまいましたが、選手たちは最後まで諦めずにプレーしてくれましたので、これを次に繋げたいです。今年のチームはアグレシッブな守備をベースに、ドリブルやセットプレーの強さなど特長を持った選手もいるので、そういった部分を出していきたいです。今日で自分たちの立ち位置も分かりましたし、ここから巻き返していきたいと思います」

6 髙橋愛翔 選手
「前半の入りで失点してしまい、自分たちに流れを持ってくることができませんでした。失点後は自分たちの流れの時間帯も作れましたが、それを最初からできれば良かったです。このチームは一人ひとりがチームのために走ることができるので、その中で個人の良さを出していければと思います。自分は守備が長所なので、ボールを奪い切る部分などで自分の良さを出して、チームの勝利に繋げたいです。この1週間でしっかり立て直して、次節は勝利できるように頑張ります」

10 山﨑倫 選手
「開幕戦ということでの緊張や前半で相手の気迫にのまれてしまったりと、自分たちの思うようなプレーができませんでしたが、しっかり切り替えて、次の試合に向けて修正していきたいです。ドリブルで1人、2人を抜ける場面もありましたが、3人目で引っ掛かってしまったり、また失点につながる自分のミスもあったので、もっと違いを作れる選手になりたいです。個人としては10番を背負う以上、一つひとつのプレーに責任感を持ち、一年間を通してチームを勝たせられる存在になりたいです」

(写真:佐藤博之)

関連ニュース

関連タグ