ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。 SEARCH SNS ENGLISH

戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
ポイントラリー
無料会員
会員規約
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
ライターコラム「春夏秋橙」
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
アルディとミーヤの日記
オレスク便り
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

監督交代のお知らせ


このたび大宮アルディージャでは、大熊清監督の交代をおこなうことと なりましたので、お知らせいたします。




■生年月日:1964年6月21日(50歳)
■出身地:埼玉県
■経歴:浦和南高校-中央大学-東京ガス

■指導歴:
1993年:中央大学コーチ
1994年:東京ガスFCコーチ
1995年~1998年:東京ガスFC監督
1999年~2001年:FC東京監督
2002年:FC東京強化部長代理
2002年:U-19日本代表監督
2003年:U-20日本代表監督≪FIFAワールドユースUAE大会・ベスト8≫
2005年:U-20日本代表監督≪FIFAワールドユースオランダ大会・ベスト16≫
2007年:FC東京退団
2006年~2008年:日本代表コーチ(イビチャ・オシム監督)
2008年~2010年:日本代表コーチ(岡田武史監督)≪2010FIFAワールドカップ ベスト16≫
2010年9月~:FC東京監督
2011年:FC東京監督≪J2優勝、第91回天皇杯 優勝≫
2014年:大宮アルディージャ監督

■成績:
<リーグ戦>
1999年[J2]:2位〔21勝3分12敗〕

2000年[J1]:7位〔15勝1分14敗〕
1stステージ:6位〔8勝7敗〕/2ndステージ:8位〔7勝1分7敗〕

2001年[J1]:8位〔13勝5分12敗〕
1stステージ:9位〔8勝7敗〕/2ndステージ:8位〔5勝5分5敗〕

2010年9月~[J1]:16位〔4勝3分4敗〕
※大熊監督が指揮を執った試合

2011年[J2]:優勝〔23勝8分7敗〕


2014年[J1]:17位〔3勝7分12敗〕 

<リーグ戦通算>
J1通算:35勝16分42敗
J2通算:44勝11分19敗

■大熊清監督コメント:
まずはファン・サポーターの皆さまのご声援・ご期待に応えることができず大変申し訳なく思っています。リーグ戦中断期間明けから内容は良くなってきていましたが、勝点を積み上げることができず非常に残念です。チームの体制を変えて、残りのシーズンで結果を残せるよう応援しています。そして今後、大宮アルディージャがアジア・世界に進出するクラブへ発展していくことを願っております。ご声援ありがとうございました。

■鈴木 茂 代表取締役社長コメント:
この度、大熊監督を交代する事を決定しました。大熊監督にはチーム、またクラブのために尽力いただきましたが、目標の勝点53以上の達成が不可能となり、また今後J1残留を考えた時に新たな体制にすることが必要と判断いたしました。
新たな体制により、J1残留かつ天皇杯に向けてクラブ一丸となって頑張ってまいりますので、ファン・サポーターの皆さま、今後とも応援をよろしくお願いいたします。