ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。 SEARCH SNS ENGLISH

戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2018キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
ポイントラリー
無料会員
会員規約
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
ライターコラム「春夏秋橙」
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
アルディとミーヤの日記
オレスク便り
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

渋谷 洋樹監督 契約更新のお知らせ



 この度、大宮アルディージャでは、渋谷 洋樹監督が2015シーズンも引き続き指揮を執ることに合意しましたのでお知らせします。プロフィールは下記の通りです。


渋谷 洋樹(しぶや ひろき)監督

■生年月日:1966年11月30日(48歳)

■出身地:北海道

■選手歴:室蘭大谷高校 - 古河電工 - PJMフューチャーズ - NTT関東サッカー部

■資格:日本サッカー協会公認S級指導者ライセンス

■指導歴:
1998~1999年 NTT関東サッカー部コーチ
1999~2000年 大宮アルディージャ ユースコーチ
2000~2002年 大宮アルディージャ ユース監督
2002~2003年 大宮アルディージャ Jr.ユース監督
2003~2004年 大宮アルディージャ Jr.ユースコーチ
2004~2010年 大宮アルディージャ トップチームコーチ
2010~2013年 ヴァンフォーレ甲府 トップチームコーチ
2014~2014年8月 大宮アルディージャ トップチームコーチ
2014年8月~大宮アルディージャ トップチーム監督

■成績:
J1リーグ戦 16位(9勝8分17敗/勝点35)【※6勝1分5敗】
第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ベスト8
※渋谷 洋樹監督が指揮を執った試合

■コメント:
今シーズン1年間、辛いときも苦しいときも、共に闘っていただいた全ての皆さまに、心より感謝申し上げます。選手・スタッフ・クラブが全力を尽くしてまいりましたが、皆さまのご期待に応えることができず、降格という残念な結果となったことを大変申し訳なく思っております。
このたび、監督を続投させていただくことになりました。降格させてしまったにもかかわらず、クラブから続投の要請をいただいたことに感謝しております。ここ数日間悩んだ結果、大宮アルディージャをJ1に復帰させることが私自身の使命と感じ、J1に向けての戦いに臨むことを決意しました。
今年の悔しい気持ちを持って、来シーズンはJ2という厳しいリーグとなりますが、大宮のために、地域のために、今まで以上に謙虚に、ひたむきに、妥協せず、しっかりと準備をし、攻守においてイニシアチブを取れる安定感のある戦いを続けることがJ1復帰、その先の飛躍に向けて必要だと思います。
クラブに関わる全ての人たちとともに、一つになって闘ってまいりますので、ファン・サポーターの皆さま、パートナーの皆さま、引き続きご支援、そして熱いご声援をよろしくお願いいたします。



関連ニュース

関連タグ