ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > パートナー

アルディージャ サポートスタッフ


活動しているサポートスタッフの声


  • サポートスタッフの声_1
  • 左から

    ・横溝さん(サポートスタッフ歴13年:2017年終了時)

    ・廣田さん(同20年:2017年終了時)

    ・斉藤さん(同9年:2017年終了時)

  • サポートスタッフの声_2
  • サポートスタッフとして活動している落合さんファミリー。この日はお姉さんが欠席でしたが、ご家族全員が活動中!

Q:どうしてサポートスタッフになろうと思ったのですか?

横溝:私はバレーボールの選手を50年やってきて今までお世話される側だったのですが、会社の定年を機に、今度は自分がお世話する方法がないかなと思っていたら、クラブ公式サイトでサポートスタッフの活動募集を見て応募しました。

廣田:私は大学生の時、イベント運営のバイトをしていました。卒業するタイミングでバイトは終わったのですが、住まいが埼玉ということで、大宮アルディージャの前身であるNTT関東サッカー部さんの手伝いをしに行く機会があって、運営の方などと知り合いになりました。大学を卒業した時にちょうどチームができたので、「ボランティアを募集しているんだけど」と声掛けをいただいて、バイトは終わってしまったけど、同じようにチームを支えられる仕事ができればと思って始めました。

斉藤:もともとサッカーが好きで、家が熊谷に近いので、年に1回開催されるアルディージャの試合を観に行ってました。そこでサポートスタッフの活動を知って、興味を持って参加し始めました。好きなチームを支える側になれるチャンスだったので、それからはずっと続けています。

Q:サポートスタッフをしていて一番うれしいこと、やりがいになっていることは何ですか?

横溝:私はいま車椅子席の担当なのですが、お客さんとは友達の様なつながりができているので、試合で皆さんに会えるのが楽しみになっています。もう、お互いの顔も名前もわかっている関係です。

廣田:アルディージャはクラブのスタッフさんを始め、アットホームな雰囲気がスタジアムに出ていると思います。入場ゲートでもスタンドでもお客さんに声をかけると、返してくださるお客さんが多いし、ふれ合いが多いところがやりがいです。

斉藤:アルディージャファミリーという言葉で表せると思うんですけど、選手はピッチで結果を出して、クラブのスタッフが試合の運営全体をやって、それをサポートスタッフも支えるということで、皆で役割分担をしながら、一つの大宮アルディージャを作り上げていくという実感があるところです。それと、老若男女幅広い世代が同じフィールドで活動できる、家族の様につき合えるもう一つのファミリーができるということも大きなやりがいになっています。

Q:これからサポートスタッフになろうとしている方に向けて一言お願いします。

横溝:仲間になって一緒にぜひ頑張りましょう!非常に良い人が多いです(笑)。どんどんサポートスタッフに入ってきて欲しいですし、不安を感じさせない様なそういう雰囲気があります!

廣田:世代に関わらず、小学生からでも参加できますし、試合を観るのとはまた違った楽しみがあると思います。まずはスタッフに入ってみて、大宮アルディージャを肌で感じていただきたいですね。入っていただければ自身の活動や人との関係の幅も広がるし、楽しくやっていけると思います。サポーターは12番目の選手ですが、サポートスタッフは0番の選手だと思っています。土台からチームを支える経験ができると思いますし、アルディージャが好きな人はもちろん、サッカーに携わったことがない方でも、楽しく活動できると思います。

斉藤:大宮アルディージャを支えることができるというのが一番ですが、それ以外にも色々な人とのつながりができたり、人生の土台を築ける付加価値もあります。若いスタッフとして言わせていただくと、10代20代の人は自分の時間を作って来るのは難しいかもしれませんが、一度参加していただければ、本当に価値がある体験ができると思います!
(2016年3月時点)

お問い合わせ


大宮アルディージャサポートスタッフ担当
〒331-8585 さいたま市西区西大宮4-25-3
大宮アルディージャクラブハウス"オレンジキューブ"
Tel:0570-003839(インフォメーションナビダイヤル)/Fax:048-621-3055
E-mail:support@ardija.co.jp