Yogibo WEリーグ 第14節
2022.3.20 [SUN] 14:00デンカS

新潟L

  • 15' 園田 瑞貴
1 - 1
1 前半 1
0 後半 0

大宮V

  • 17' 髙橋 美夕紀
試合経過
監督コメント
前半戦から5試合連続で引分けで勝ち切れていないので、次節は何がなんでも勝点3を手に入れたいと思います。

前節は、攻撃の面ではボールはつなげましたが、最後の崩しの部分でアイデアが少し足りませんでした。そのなかでも複数得点できたことはポジティブに捉えています。

守備の面では、数的優位にもかかわらずボールにチャレンジせずにディフェンスラインが下がってしまい、自分たちのミスから失点してしまったので今週はその部分の修正を図っています。
選手コメント
後半戦が再開してから対戦した2チームは、前半戦で負けていない相手だったので、2試合とも引分けという結果はとても残念です。

ただ、前節は自分たちが取り組もうとしている攻撃が形になってきていたので、最後の決め切るところをチームとして改善していきたいです。

守備面では、ゴールキーパーである私からの声や戦う姿勢を見せることで、チームに安心感と勢いをもたらせることができると思うので、そこを意識して取り組んでいます。

決め切るところと、守り切るところをしっかり対応して新潟L戦は勝利したいと思います。
EL埼玉戦は、なかなか自分たちらしいサッカーができませんでした。

そのなかでもシュートチャンスはあったので、そこをチームとしてしっかり決め切ることが大切だと思います。

個人としては、しっかりと運動量を確保し、ボールを保持する時間を増やしていき、最後のフィニッシュの場面でもパワーを発揮できるように絡んでいきたいです。

前節から今節、次節と3試合続けて古巣との戦いとなりますが、自分らしくプレーしてチームの勝利に貢献したいと思います。
メンバー

スターティングメンバー

GK 1 平尾 知佳
DF 6 茨木 美都葉
46*'
DF 15 イ ヒョギョン
DF 4 三浦 紗津紀
DF 14 北川 ひかる
MF 17 滝川 結女
MF 16 園田 悠奈
MF 20 山谷 瑠香
MF 7 園田 瑞貴
90'
FW 11 道上 彩花
74'
FW 10 上尾野辺 めぐみ

控えメンバー

GK 21 高橋 智子
DF 2 浦川 璃子
DF 26 武田 あすみ
MF 19 田中 美和
46*'
MF 23 山本 結菜
90'
FW 9 児野 楓香
74'
FW 24 長沢 菜月

監督

村松 大介

スターティングメンバー

GK 1 望月 ありさ
DF 6 有吉 佐織
DF 5 乗松 瑠華
DF 4 長嶋 洸
DF 3 鮫島 彩
MF 15 林 みのり
MF 8 上辻 佑実
MF 25 村上 真帆
MF 13 仲田 歩夢
76'
FW 9 井上 綾香
FW 27 髙橋 美夕紀

控えメンバー

GK 21 スタンボー 華
DF 2 坂井 優紀
DF 23 久保 真理子
MF 26 杉澤 海星
MF 24 源間 葉月
FW 30 吉谷 茜音
76'

監督

岡本 武行
試合詳細
10 シュート 11
9 GK 4
3 CK 3
5 直接FK 4
2 間接FK 1
0 PK 0
試合データ

主審

高橋 早織

副審

緒方 実央

副審

近藤 恭子

第4の審判員

朝倉 みな子

入場者数

761人

天候

曇、弱風

ピッチ状態

全面良芝

気温/湿度

12.4℃/43%

HIGHLIGHT

監督コメント
新潟まで多くのサポーターにお越しいただきましたが、勝利を届けることができずとても悔しく思っています。

前半、先制された状況から追いつく展開となりましたが、我々の時間帯もあったので、そのなかでチャンスを決め切れなかったことでこの結果になったと思っています。

後半戦に入って3試合目となり、攻撃の部分ではボールを保持する時間が長くなってきて、ゴール前まで迫っていけるシーンも増えてきています。ボールの動かし方については日々のトレーニングで修正を重ねており、その成果が少しずつ試合で表現できるようになってきましたが、最後シュートを決め切るところが必要です。

次節はホームで東京NBとの試合になりますが、まずはしっかりと守備の部分を意識した上で、得点チャンスを作り勝点3を取りにいきたいと思います。
選手コメント
ここ5試合連続して引分けという結果なので、今日こそ勝点3を取りたかったですが、追加点を奪えず勝ち切れなかったことがとても残念です。

ゴールシーンは、狙いとするサイド攻撃から自分はフリーでゴール前に入っていけたので、落ちついてコースに流し込むだけでした。その後も決定的なチャンスがあり、決めていれば勝てた試合なのでチームメートには申し訳ない気持ちです。

試合を重ねるなかで少しずつ自分ができていることも増えているので、もっとゴールを取れるように努力していきたいです。
自分たちが上位に食い込んで行くために、勝たなければならない試合でしたが、引分けという結果に悔しさが残ります。

ひさしぶりの先発だったので、まず試合の入りをシンプルにプレーすることを心がけました。

相手とのマッチアップでは、強くいって交わされるリスクもあったのでチームメートとコミュニケーションを取り、お互いの距離を意識して対応しました。

勝点1を3に変えていくために、攻撃のところではリズムが出てきているので、自分は簡単に失点をしないことを意識して取り組んでいきたいと思います。
フォトギャラリー

カテゴリー


Twitter

アーカイブ