NEWS

ニュース

WEリーグ プレシーズンマッチ・千葉L戦の試合結果
4月29日(木祝)、2021 WEリーグ プレシーズンマッチが行われ、大宮アルディージャVENTUSはジェフユナイテッド市原・千葉レディースと対戦して、1-0で勝利しました。出場メンバーなどは以下の通りです。



■日時
4月29日(木祝) 13:00キックオフ

■会場
ゼットエーオリプリスタジアム

■形式
90分

■結果
1 ○ 0 (1-0/0-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

■メンバー
GK:望月
DF:坂井、乗松、長嶋、鮫島
MF:有吉、村上、源間、村社
FW:大熊、井上

■サブ
スタンボー、日野、久保、杉澤、堰、小島、山崎

■交代
HT:村社→小島
58分:井上→山崎
69分:村上→久保
86分:大熊→堰

■得点経過
45+2分:坂井


コメント

 監督 岡本武行

「攻撃ではボールを動かす中で、サイドと中央をうまく使い分けることを考えていました。前半は入ってくるボールに対してプレッシャーをかけて奪うこともできましたが、後半は相手に上回られ、間、間でボールを受けられて押し込まれる展開になりました。チームとしての完成度はまだまだですが、その中でも選手たちが個人の部分でしっかり守ってくれました。何度かチャンスを作れましたが、アタッキングサードのところで崩し切れていないのでそこは高めていければと思います。まだまだチームが始動して2ヶ月強しか経っていない中で、戦術面も落とし込めていないですし、やっと選手同士でも個人の特長がわかってきたところです。プレシーズンマッチではレベルの高いチームと試合ができるので、課題を一つひとつ解決しながら、9月のリーグ開幕に向けて、チームとしての質を上げていければと思っています。次はホームゲームですし、選手たちもNACKで試合ができることを楽しみにしていますので、ぜひ一人でも多くの方に観に来ていただきたいです」

「自分が得意とするセットプレーで源間選手から良いボールが入ったので、合わせるだけでしたし練習通りの形でした。初めての試合でどうなるかわからないけど自分たちがやるべきことをやろうと話をしていたので、勝利という結果が自分たちのプラスになったと思います。新しくできたチームでいろいろなメンバーが集まっているので、チャレンジする気持ちがとても大きいですし、まずは個人個人の強みを出して最終的にチームとしてまとまっていければと思います。年齢的にはベテランの域に入っていると思いますが、自分よりもさらに先輩がいますし、自分も普段の練習からいろいろなことを吸収しています。副キャプテンになったので、ゲーム中はなるべくプラスの声をかけていこうと心がけています。次はホームゲームになりますが、今日のようにセットプレーで得点に絡みたいですし、大宮の方々にVENTUSも応援したいと思ってもらえるようなプレーを見せたいです」

「中盤で相手にフリーでやらせないように、気持ちを入れてガツガツプレーしました。ボランチ2枚が中盤でゲームを作っているだけだと全体が重くなってしまうので、バランスを見てどちらか一人が上がっていくことを意識していました。自分は試合中に少し慌ててしまう部分があるのですが、監督からは落ちついて全体のバランスを見ながらプレーするように指示がありました。これまで7年間は部活でプレーしてきたので、なでしこジャパンやなでしこリーグで活躍されていた選手がチームメートや対戦相手という環境でプレーできることに、とてもワクワクしていました。大宮アルディージャVENTUSとして初めての公式戦で、内容ももちろんですが、結果も大事にしたかったので、今日は勝ち切れて良かったです。秋のリーグ開幕に向けての大事な初戦ということで、しっかり緊張感を持ってプレーできたと思います」

フォトギャラリー

(写真:早草紀子)

  • チーム

FOLLOW US