NEWS

ニュース

清水勇人 さいたま市長、さいたま市議会 表敬訪問実施レポート
 8月25日(水)、9月のWEリーグ開幕に向けて、大宮アルディージャVENTUSの佐々木則夫 総監督、大野忍 コーチ、阪口夢穂 選手が、清水勇人 さいたま市長とさいたま市議会へ、表敬訪問を行いました。

 はじめに、清水市長のもとを訪問し、WEリーグ開幕に向けた意気込みや抱負をお話ししました。

■清水勇人 さいたま市長 コメント
「実績ある選手、期待の若手と素晴らしいメンバーが揃ったチームではないでしょうか。さいたま市としても女子サッカーの発展に注力しています。リーグを牽引するようなチーム、そして、少女たちの憧れの存在になることを期待しております」

■佐々木則夫トータルアドバイザー コメント
「来月のWEリーグ開幕に向けて引き続き最善の準備を進める一方で、WEリーグが大切にしている理念を胸に刻み、最初の一歩を踏み出したいと思います。さいたま市には我々と三菱重工浦和レッズレディースもありますので上手く連携し、さいたま市の女子サッカー界発展の力になりたいです」

■大野忍コーチ コメント
「いよいよWEリーグが開幕しますが、ベテランの選手が上手くチームをまとめてくれていますし、若手の選手も積極性があって、非常にバランスが取れたチームに仕上がっていると感じます。開幕まで残りわずかですが、良い結果を残せるよう引き続きチーム全体で取り組んでいきます」

■阪口夢穂 選手コメント
「新しく誕生したチーム、そして新しいリーグでサッカーができることを非常にうれしく思いますし、とても楽しみです。埼玉県には3チーム、さいたま市では2チームがWEリーグに参戦しますが、力を合わせてWEリーグを盛り上げたいです。大宮アルディージャVENTUSとしては優勝を目指して戦います」

 続いて、さいたま市議会を訪れ、さいたま市議会 島崎豊 議長、松下壮一 副議長、さいたま市スポーツ振興議員連盟 阪本克己 会長に激励の言葉をいただきました。

■さいたま市議会 島崎豊 議長 コメント
「経験豊富な選手、そして、若手の選手が集まり、他のチームは非常に脅威に感じているのではないかと思います。思う存分力を発揮していただき、さいたま市を盛り上げてくれることを市議会一同期待するとともに、応援させていただきます」

 大宮アルディージャでは、「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」という理念のもと、スポーツを中心とした様々な活動を通じて、地域の発展に貢献できるよう、これからも活動を続けてまいります。
  • チーム

FOLLOW US