NEWS

ニュース

前日レポート:J1第27節 FC東京戦
9月27日(金)  本日アルディージャは、明日9月28日(土)のJ1第27節FC東京戦(NACK5スタジアム大宮)に向けた前日練習を、アルディージャ練習場(さいたま市高木サッカー場)にて行いました。
 前日までのぐずついた空模様から一転、雲一つない秋晴れという好コンディション。選手たちはウォーミングアップ、ポゼッショントレーニング、セットプレートレーニングと約1時間のメニューに取り組みました。
 第24節の横浜FM戦で長い連敗をストップしたものの、その翌節からもなかなか調子の上がらないアルディージャ。しかし、前節仙台戦は敗れたものの、スコアほどの内容差があったわけではありません。「その前の新潟戦よりも良かった」(ズラタン)と、選手たちも復調の手応えをつかみかけている様子です。
 そのために今、一番求められるのがゴールです。仙台戦もまったくチャンスを作れなかったわけではないだけに、「ゴール前でのプレーの質を高め、もっとゴールするという意識を高く持つ」(ズラタン)ことがさらに要求されます。
 ファン・サポーターの皆さまの白星への強い願いは、今節チケットが完売となったことでも伝わっています。9月最後の試合を何としても勝利で締めくくり、反攻の狼煙を上げたいところです。明日も皆さまの熱い応援をお願いいたします!大宮共闘!


小倉 勉監督コメント
F東京は代表選手も多く、どのポジションも個の能力がとても高いチームという印象です。セットプレーを含めて攻撃のバリエーションが豊富で、もちろん個人技による得点もありますし、十分な警戒が必要だと思っています。大宮は現在なかなか得点が生まれていませんが、決してチャンスを作れていないわけではありません。その可能性を多く作っていくことで得点機会も広がっていくので、そうなれば自ずと点も取れるようになってくると思っています。好調時にチームとしてできていたことを思い出せるように、得点の可能性を高め失点の可能性を減らすことに取り組んできました。練習通りに思い切ってプレーできれば、明日は必ずいい結果が出ると信じています。 和田 拓也選手コメント
(高橋)祥平と初めてボランチでコンビを組みましたが、思ったよりもお互いのポジションを意識して、うまくできたと思っています。ただ、攻撃ではボランチが2人とも低めのポジションになってしまいました。どちらかはFWの近くでサポートしようという意識を持ち、その中で機を見て攻め上がっていければ、と考えています。F東京はパスをしっかりつないでくる印象が強いので、チームとしてしっかりとプレッシャーを掛けていきたいです。いい位置でボールを奪えればいい攻撃につながるので、そういうところをチーム全体で意識することが必要だと思います。前節は負けてしまいましたが、明日は絶対に勝って笑顔で終わりたいと思いますので、応援よろしくお願いします。 ズラタン選手コメント
F東京は非常に攻撃的でいいサッカーをしています。特に、その攻撃には十分に注意を払わなければなりません。ただ、攻撃的な分だけ必ずどこかに穴が開くと思いますので、その隙をうまく突いていきたいと考えています。前回対戦した時に挙げたゴールは、自分にとっても今シーズンの中での思い出深いものです。自分も長く得点を挙げていないので、この試合では必ず得点したいと思っています。現在2連敗中ですが、前節の仙台戦はその前の新潟戦よりもいい内容でした。ただ、2試合とも得点できていないので、ゴール前での質を高め、もっと「ゴールをする」という意識を高く持たなければいけません。F東京戦では必ずいいプレーができると信じていますし、勝つために全力を尽くして頑張りたいと思います。
  • 試合

FOLLOW US

パートナーバナー

アーカイブ