NEWS

ニュース

上田清司 埼玉県知事および埼玉県議会への2014シーズン報告レポート
 12月11日(木)、大宮アルディージャ 鈴木 茂 代表取締役社長、渋谷 洋樹監督、菊地 光将キャプテンが、上田 清司埼玉県知事および埼玉県議会を訪問し、2014シーズン終了の報告を行いましたので、その模様をお知らせいたします。

 はじめに、代表取締役社長鈴木 茂より、多大なるご支援・ご声援への感謝を申し上げると、上田 県知事から「必ずJ1で戦えるよう、ぜひ頑張ってください。期待しています!」と激励いただきました。また、長峰 宏芳 県議会議長から、「多くの県民が期待していますので、ぜひ頑張ってください」と、温かいお言葉をいただくとともに、宮崎栄治郎 県議会サッカー振興議員連盟 幹事長や鈴木 弘 同役員からも激励いただきました。

 渋谷 監督は「クラブに関わる全ての人の思いを持って、必ず1年でJ1に戻ります」と決意を述べ、菊地 キャプテンは「今シーズン味わった悔しい気持ちをぶつけ、選手・スタッフ・クラブが一丸となって頑張っていきます」と、力強くコメントしました。
上田県知事から来シーズンに向けて激励のお言葉をいただきました 県議会の皆さまからも温かいメッセージをいただきました 続投が決まった渋谷監督は、1年でJ1復帰への意気込みを語りました 県庁前では大宮アルディージャのフラッグを掲げていただきました。
 大宮アルディージャは、これからも「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」という理念のもと、スポーツを中心とした様々な活動を通じて、地域の発展に貢献できるよう取り組んでまいります。


  • ホームタウン

FOLLOW US

パートナーバナー

アーカイブ