NEWS

ニュース

「埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園 選手訪問」レポート

 12月12日(金)、さいたま市北区にある「埼玉県立特別支援学校 大宮ろう学園」に大宮アルディージャの江角 浩司選手、大山 啓輔選手、高瀬 優孝選手、富山 貴光選手、藤井 悠太選手、川田 修平選手が学校訪問し、小学部の皆さんと一緒に体育の授業を行いましたので、その模様をお伝えいたします。

 江角選手は、5年前から子供たちに何かしてあげたいという気持ちから大宮ろう学園へ訪問していました。
生徒・先生ともにとても楽しみにしてくれるようになり、今年は大山啓輔選手、高瀬優孝選手、藤井悠太選手、川田修平選手も加わり6名で体育の授業を行って参りました。

 今日は、午前中音楽の発表会が行われたとのことで緊張の午前中を過ごしましたが、午後の選手との体育の授業を心待ちにしていたそうです。聴覚障害を持つ児童とのコミュニケーションで、選手も手話を何か一つ覚えたいと先生方にアドバイスをいただきました。

手話で挨拶の練習中 藤井選手は、全身を使って自己紹介をしました 川田選手仕切りでみんなで準備体操 選手と一緒にリフティングしました サッカードッジボール 選手と白熱した試合を行い、児童チームの見事勝利!! 大山選手への質問タイムでは、好きな色は何ですか?もちろん、オレンジ!!です 選手よりオレンジサッカーボールのプレゼント 笑顔がいっぱいの記念撮影 最後にハイタッチでお互いにありがとうの気持ちを伝えました
 大宮アルディージャでは、「スポーツを通じて夢と感動をわかち合える、より良い地域社会の実現に貢献します。」という理念のもと、スポーツを中心とした様々な活動を通じて、地域の発展に貢献できるよう、これからも活動を続けて参ります。今後ともご支援とご声援を宜しくお願いいたします。



  • ホームタウン

FOLLOW US

パートナーバナー

アーカイブ