ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > アカデミー

Jr.ユース(U-15)フランス遠征レポート

 5月31日(水)から6月8日(木)まで、大宮アルディージャJr.ユース(U-15)がフランス遠征を実施し、練習や練習試合を行ったほか、現地で行われた国際ユーストーナメントに参加しました。今後ともJr.ユースへのご声援をよろしくお願いします。

■5月31日(水)
終日:移動
全員体調も万全で午前中に成田国際空港へ集合。アムステルダム・スキポール空港を経由してリヨン・サン=テグジュペリ国際空港へ移動しました。ホテルへチェックインし、夕食はフランス料理を堪能。丸1日かけての移動だったため疲れも見えましたが、しっかり睡眠をとって翌日からの練習、練習試合に備えました。

■6月1日(木)
AM:練習
PM:練習試合
午前は、天気も良く空気もとても美味しい中、身体をフランス仕様に慣らしながら、1時間半ほど練習を行いました。昼食時には笑顔をもたくさん見られ、少しずつこちらでの生活や食事にも慣れてきました。
午後には地元のクラブチーム、NEUVILLE SUR SAONE U16との練習試合を行いました。身体の大きさ、スピード、迫力に怯えることなく立ち向かい、勇敢に戦いました。相手の勢いあるカウンター攻撃に対応しながら、自分達の積極的なプレーで主導権を握り、6-2で勝利しました。これから始まる国際ユーストーナメントに向けて、勢いのつく良い試合となりました。

■6月2日(金)
AM:練習
PM:練習
気温も上がり暑くなりましたが、翌日から始まる国際ユーストーナメントに向けて午前・午後の二部練習を行いました。ホテルには続々と他のチームもチェックインし始め、いろいろな言語が飛び交う中、選手たちはジェスチャーでも積極的にコミュニケーションを図ろうと頑張っていました。

■6月3日(土)
AM:練習
PM:国際ユーストーナメント
この日から国際ユーストーナメントがスタート。午前中は午後からの試合に向けた練習で調整しました。開会式直前に猛烈な雨と雷に襲われ、15分遅れで開会式がスタート。吹奏楽の演奏に合わせて全16チーム入場、また各出場チームの国歌斉唱もあり、いよいよ開幕という高ぶる気持ちとともに、30年の歴史と町をあげての大会だと感じることができました。
予選リーグ1戦目はフランスのマコンとの対戦。攻守にアグレッシブに戦い、優位にゲームを進めたものの、チャンスを生かすことができず、0-0で引き分けスタートとなりました。

■6月4日(日)
終日:国際ユーストーナメント
予選リーグ2戦目はポルトガルのSLベンフィカとの対戦。パスミスからいきなり失点したものの、直後にCKから中山選手が押しこみ同点。さらに柴山選手のドリブルシュートが決まり逆転。その後一度は追い付かれますが、今度はFKから再び中山選手のヘディングシュートで勝ち越し。最後は右サイドからの攻撃をゴール前で吉田選手が押し込み、最終的には4-2での勝利。両チーム合計6得点が生まれるエキサイティングなゲームに、観客の皆さまからもたくさんの拍手をいただきました。
予選リーグ3戦目はフランスのスタッド・レンヌとの対戦。ピッチ内外でアウェイムード満載の中、体格やスピードを存分に生かした攻撃を身体を張って耐えペースをつかむもゴールを奪うことはできず、0-0の引き分けに終わりました。
この結果、D組首位で予選通過となり、決勝トーナメント進出が決まりました。

■6月5日(月)
終日:国際ユーストーナメント
決勝トーナメント準々決勝は、フランスのFC FLEURY FOOT 91との対戦。開始早々、スルーパスに抜け出した唐木選手が先制ゴール。しかし後半に入ると右サイドを突破されて同点に追い付かれます。それでも慌てることなく何度もチャンスをつくりましたがゴールをこじ開けられず1-1でPK戦へ。相手の1人目をGKジョーンズ レイ選手が見事にストップし盛り上がりましたが、駆け引きの上手い相手とのPK戦は3-4で惜しくも敗退。トーナメント戦を勝ちきる難しさを学びました。
この大会の最終戦となる5位決定戦では。トーナメントのまとめとして、これまでの反省を踏まえてゲームに臨みました。全員のハードワークと切り替えの早さ、攻守に主導権を握りゴールへ向かうアグレッシブさを存分に発揮し、1-0で勝利。すべての選手が多くのことを学ぶことができ、充実したトーナメントとなりました。
閉会式では5位のカップが授与され、また個人賞として大会MVPに柴山選手が選ばれました。

■6月6日(火)
終日:観光

■6月7日(水)
終日:移動
→6月8日(木)AM 成田国際空港着

関連ニュース

関連タグ