ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

「ほぼ日刊アルディージャ 沖縄キャンプ編」Vol.06


キャプテン


 1月21日(月)は予定を変更し、午前中の練習のみとなりました。急なご案内となり、申し訳ございませんでした。

 その午前練習では、ボールを使ったウォーミングアップをこなした後、ハーフコートでの11対11をメーンに行いました。エリアを区切りながら、タッチ制限を設けながらのプレーで、通常とは少し違う展開でしたが、ボールホルダーへのサポートや攻守の切り替えを早くしようとする意図が感じられました。

 その次は、クロスボールからのシュートや守備対応を行いました。ゴール前中央でのパス交換からサイドへ展開し、クロスの上げ方も数パターンを交えながら行いました。トレーニング終盤、「きれいに5本、決めたら終わりにしよう」という原崎政人ヘッドコーチの言葉を受け、最後のゴールを決めたのは山越康平でした。左サイドからのクロスを左足のボレーで決めた素晴らしいシュートでした。

 明日は県北にある「かいぎんフィールド国頭兼サッカー場」にお邪魔し、FC東京さんとの練習試合に臨みます。J1上位クラブに対して、狙いとするプレーがどれくらい出せるか楽しみです。

 さて、本日は「キャプテン、副キャプテン決定」のお知らせを掲載いたしました。キャプテンの大前元紀、副キャプテンの三門雄大と大山啓輔のコメントは、該当ページをご覧ください。3選手とも良い言葉を発してくれましたし、彼らを中心に良いグループを築き上げてほしいと期待しています。

 一方で忘れてはいけないのは、昨シーズンまでキャプテンを務めた菊地光将の存在だと思います。大宮アルディージャに移籍してきた2012年途中からキャプテンマークを腕に巻き続け、150試合を大きく上回る試合を戦ってきました。

 どちらかと言えば口数の多いタイプではなく、心の中では大きなプレッシャーを感じ続けてきたことでしょう。高木琢也監督から新しいキャプテンが伝えられた後に話し掛けると、「やっとだよ」なんて言いながら、表情を少し緩ませていました。

 菊地のキャプテンが正式に発表されたのは、13シーズンからです。その後、13年はJ1での無敗記録を打ち立てた後の大失速、14年はクラブ初の降格を経験、15年はJ2優勝でのJ1復帰、16年はクラブ最高順位達成、17年は最下位でのJ2降格と、まさに山あり谷ありの6シーズンでした。

 14年のリーグ最終戦後の挨拶で涙し、翌年に「優勝したぞー!」と喜びを爆発させた日の記憶は、今でも鮮明に覚えています。昨年の第42節・ファジアーノ岡山戦では、貴重な決勝点を挙げてチームをプレーオフ進出に導きました。自身のケガとも戦いながら、その責任を果たした背番号2の雄姿は、この先も色あせることはないでしょう。

 彼も昨年12月で33歳を迎えました。駒澤大学から川崎フロンターレに加入したのが08年ですから、今年でプロ12年目です。結構なベテランになってきましたね。まだまだ、やってくれると信じていますけど。


広報グループ 田口


関連ニュース

関連タグ