ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

「ほぼ日刊アルディージャ 宮崎キャンプ編」Vol.15


チャレンジ


 2月3日(日)は午前中のみの練習でした。ホテルで約30分のミーティングを行ってからグラウンドへ移動し、2時間弱のトレーニングを行いました。ウォーミングアップ後、フルコートを使ったゲーム形式では、少し違うシステムを取り入れていました。明日のヴァンフォーレ甲府さんとの練習試合で、チャレンジするのかもしれません。

 プレーに関しては、マイボールになったときにバックパスをするのではなく、前へ出ていく姿勢が意識されていました。前線の選手がディフェンスラインの裏へ動き出すことで、パスが出てくればチャンスになるし、パスが出てこなくても相手の守備を押し下げることができます。ドリブルやシュートも含めて、ゴールを奪うためには積極的なチャレンジが必要です。

 ただ、常に前へ行けば良いわけではありません。タイミングが悪かったり、選手同士の距離が遠すぎたりして、パスが通らなければボールを失ってしまいます。安全につないで、試合を落ち着かせることが大事な場面もあります。バックパスが必ずしも悪いわけではありません。

 サッカーにおけるチャレンジの難しさは、仕掛けるタイミングを合わせる点にあると思います。攻撃ではパスの出し手と受け手が合わなければダメで、守備では誰か一人が奪いに行っても交わされるだけです。そして、直接ボールに関わっていない他の選手も同じ考えでいなければ、チーム全体での流動的な動きはできません。

 失敗のリスクが伴うチャレンジを、繰り返しトライするために不可欠な要素は、互いに助け合う習慣が染みついていることだと思います。ドリブルが止められたら、パスミスが起こったら、全員ですぐに切り替えて奪い返す。サイドバックが上がっていったら、中盤の選手がスペースをカバーする。シュートを外した味方に前向きな声掛けをするのも、広い意味では助け合いです。

 いわゆる「気の合う仲間」が心地良いのは、互いの行動や考え方に齟齬がないからでしょう。学生時代の友人にボケをかませるのも、誰かが突っ込んでくれる安心感があるからです。人として関係性を深め、それぞれのキャラクターを理解した上で、相互にフォローしあう。今のチームに置き換えれば、新しい監督の下で、新しい仲間たちと一緒に、リーグ戦を勝ち抜く下地を作っている段階です。

 話は変わりますが、2月1日(金)にクラブ公式サイトのマイナーチェンジを行いました。最も閲覧回数の多いスマートフォンをベースに、より見やすく、より情報が伝わりやすくなるようにと、協力会社の方々と一緒に取り組みました。完全な正解がないだけに、様々なご意見をいただくかもしれませんが、今後の学びにしていきたいと思います。

 時を同じくして、2019シーズンの選手のプロフィールページを掲載しました。昨シーズンまでのアンケートや出場記録などに加え、各選手のSNSや関連ムービーの欄が新設されています。選手やクラブをより身近に感じてもらおうと、新しいコンテンツも準備していますので、またご案内させていただきます!


広報グループ 田口


関連ニュース

関連タグ