ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
パートナー企業交流
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
お家でアルディージャ
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > トップチーム

ほぼ日刊アルディージャ (1/29)

縁の下の力持ち

 コートなしでは寒さを感じるほど気温が下がった、沖縄での2次キャンプ5日目。本日は、午前中にトレーニングを行うグループと、午後に練習試合を行うグループに分かれました。午前中のトレーニングでは、タッチ数を設けたハーフコートゲームを行い、攻撃時のメリハリ(素早く攻めるか、ボールを保持するか)をつけることを意識して取り組んでいました。

 午後に行われた東京ヴェルディさんとの練習試合は、35分×2本を行い、2-0、1-0の合計3-0で勝利。出場メンバーなどは下記の通りです。


■メンバー

GK:笠原
DF:渡部、河本、山越、マクシメンコ
MF:シノヅカ、石川、小島、小野
FW:ハスキッチ、奥抜

■得点
24分:ハスキッチ
30分:奥抜
42分:奥抜

■交代
52分:河本→吉永
63分:ハスキッチ→練習生、シノヅカ→練習生


 試合開始から、3バックではなく4-4-2でスタート。立ち上がりは相手に押し込まれる展開が続き、笠原昂史選手のビッグセーブに助けられる場面もありました。次第に落ち着きを取り戻すと、先制点はイッペイ シノヅカ選手のドリブルからでした。インサイドに絞ってボールを受けると、ペナルティーエリア左へ侵入し、左足でグラウンダーのクロス。ニアに走りこんだネルミン ハスキッチ選手が右足で合わせました。

 この先制点で勢いが出ます。ボールが後方からスムーズに動くようになると、30分には相手を押し込んでから、コンビネーションで奥抜侃志選手が右サイドを突破。右足から放たれた鋭いシュートがゴール左隅に突き刺さりました。3点目は、ペナルティーエリア内で相手のミスを逃さなかった奥抜選手が、素早く右足インフロントにかけたシュートを放つと、ボールはきれいな弧を描きゴールに右隅に吸い込まれました。

 新しいシステムでの初の練習試合でしたが、トレーニングで取り組んでいたボールを動かして相手陣内に進入していくプレーが、随所に見られました。ボールを奪ってから縦に速い攻撃を仕掛ける場面もあり、高木琢也監督が求めていた「メリハリ」や「判断」の部分も、選手たちは体現しようとチャレンジしていました。

 明日は、FC琉球さんとの練習試合がありますので、こちらのレポートで詳細をお伝えします。

 最後に本日の小ネタを1つ。サッカー界には、選手のみならず、スタッフにも移籍があります。「ゴリ」さんこと、後藤雄一サブマネージャーは、昨シーズンまで東京ヴェルディさんに在籍。日々、トレーニングの準備から片付け、洗濯など裏方としてチームを支えています。何と、地元出身の彼は浦和東高校出身で、塚本泰史クラブアンバサダーや、昨年まで所属していた菊地光将選手と同期。再び同じチームになることに縁を感じていると言います。古巣との練習試合では、誰よりも気合が入っていたようで、試合後に「やりましたね!」と声をかけると、満面の笑みを返してくれました。西大宮での練習の際には、ぜひ、ゴリさんにもお声がけください!

広報グループ・仙石



関連ニュース

関連タグ