ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > クラブ

「JENESY2.0 ASEAN青少年サッカー交流(アジア5か国)」実施レポート

 10月22日(水)、大宮アルディージャでは、東南アジア諸国でサッカー教室を開催するなど、国際交流・社会貢献活動を進めておりますが、今回はその活動の一環として、一般財団法人 日本国際協力センター(JICE)と協力し、「JENESY2.0* ASEAN青少年サッカー交流(アジア5か国)」を行いましたのでその模様をご報告いたします。

*「JENESYS2.0」は、日本とアジア大洋州地域及び北米地域をつなぐ青少年交流事業です。2013年3月、日本経済の再生と日本的な「価値」への国際理解の増進を目指し、日本政府の主導のもとに始まりました。2007年から5年間実施した「21世紀東アジア青少年大交流計画JENESYS Programme (Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youth)の後継として実施されています。

 今回は、アジア5か国、カンボジア、インド、インドネシア、タイ、ミャンマーの高校生、計129名の皆さまをご招待し、NTT東日本志木総合グラウンドにて、サッカー交流を行いました。大宮アルディージャからは東山雄二管理本部長、岡本武行育成普及本部長、地域プロデュース部より大石部長、井上U-12コーチ、若松U-12コーチ、石亀U-12コーチ、浅子U-12コーチ、西村U-12コーチが参加しました。

 当日は、雨模様でしたが、グラウンドでサッカーを通して各国の皆さまと交流を楽しみました。各国の皆さまより記念品を頂き、アルディージャからも参加者全員へプレゼントをお渡ししました。

 アジアから参加された皆さまは、サッカー交流を行った後、同日にNACK5スタジアム大宮で開催されたJ1第29節 横浜F・マリノス戦を観戦されました。

 参加者の皆さまは10月20日(月)に日本に来日され、約10日間、全国各地で様々な視察・体験・交流活動を行う予定です。



開会式で東山管理本部長よりご挨拶しました

まずはウォーミングアップ

ボールを使って身体を温めます

GKトレーニングも行いました

トレーニング後は対抗戦を行いました

ゴールを決めてパフォーマンス!

雨模様でしたが皆さんサッカーを楽しんでいました

試合後は交流を行いました

記念品をいただきました

閉会式の様子


 大宮アルディージャでは、これからも国際交流・社会貢献活動に取り組んでまいります。