ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
リーグ戦 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル4
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2020キャンプレポート
過去のトップチーム
トップチームデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
場内演出タイムスケジュール
スタジアムグルメ情報
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
お家でアルディージャ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ニュース > クラブ

2020Jリーグシャレン!アウォーズ 「ソーシャルチャレンジャー賞」受賞のお知らせ

 全56クラブのホームタウン・社会連携(シャレン!)活動の中から、特に社会に幅広く共有したい活動を表彰する「2020Jリーグシャレン!アウォーズ」にて、大宮アルディージャからエントリーした「手話応援デー」が「ソーシャルチャレンジャー賞」を受賞しました。

「Jリーグシャレン!アウォーズ」は今シーズンが初開催で、日ごろからJクラブが取り組んでいる地域課題や社会課題の解決に向けた活動や、多くの協働者との連携、発信力やつなぐ力など、Jクラブの持つ価値をいかんなく発揮している活動を称えるものです。

 4つの各賞の中でも「ソーシャルチャレンジャー賞」は、その地域にある社会課題解決に対して最もチャレンジしている活動として称える賞です。「手話応援デー」は一般投票で56クラブ内で最多得票を記録し、その後の予備選考、Jリーグ理事や有識者で構成された選考委員会での審議を経た結果、今回の受賞が決まりました。

 当初はJリーグとして表彰イベントを行う予定でしたが、新型コロナウィルス感染予防および拡大防止のため中止となってしまいました。そこで、5月20日(水)18:30~20:00に「2020Jリーグシャレン!アウォーズ番外編、ロッカールームトーク」が開催されます。クラブ、協働者や参加者、また活動に興味のある方々が参加予定で、詳細は決定次第Jリーグから発表されます。

 なお、今年の手話応援デーは5/30・北九州戦で実施予定でしたが、リーグ戦の延期に伴い未定となっております。また、「手話応援デー」の関係者の喜びの声なども、あらためてお知らせする予定です。

※本件に関する詳細は、Jリーグ公式サイトをご覧ください。


■シャレン!(社会連携活動)とは?
社会課題や共通のテーマ(教育、ダイバーシティ、まちづくり、健康、世代間交流など)に、地域の人・企業や団体(営利・非営利問わず)・自治体・学校などとJリーグ・Jクラブが連携して取り組む活動。3者以上の協働者と、共通価値を創る活動を想定しており、これらの社会貢献活動などを通じ、地域社会の持続可能性の確保、関係性の構築と学びの獲得、それぞれのステークホルダーの価値の再発見につながるものと考えている。



※シャレン!「Jリーグ社会連携」公式サイトは、下記をご覧ください。


■手話応援デーとは?
「愛してるぜ」を共通言語に、障がいのある人もない人も一緒に手話で大宮アルディージャを応援しようと、2006年からスタート。一時の中断時期を経て、通算11回を数えるクラブの代表的な社会連携活動。当日は、スタンドでの手話応援だけでなく啓発、体験、聴導犬等のPRブースのほか、選手も手話応援デーTシャツを身に着けてピッチへ入場するなど、スタジアム全体で手話応援を盛り上げている。


■参考
2020年3月18日掲載:2020 Jリーグシャレン!アウォーズ 選考一般投票開始のお知らせ

関連ニュース

関連タグ